法要・イベント / さつま開教記念法要のご案内

さつま開教記念法要のご案内

さつま開教記念法要~浄土真宗の禁止が解かれた日~ 2019年9月5日(木) 10時~

薩摩藩は、室町時代末期から明治初期までの約300年もの長きにわたり、浄土真宗の信仰を禁止し、 門徒に対して苛酷な弾圧を加えました。

しかし、先達念仏者その厳しい弾圧にも屈することなく、ご法義を伝えてくださいました。そして明治9年9月5日「信教の自由令」が布達され、長かった禁制の時代が終わり、京都本願寺からの開教使が派遣され、その後猛烈な勢いで鹿児島県に浄土真宗がひろまっていきました。

今、私たちがお念仏を称えることができるのも先達念仏者の命がけのご苦労があったからなのです。私たちはこの禁制の歴史を忘れないためにも、信教の自由令が布達された日を「さつま開教記念日」として法要をおつとめします。
どなたでもご参拝いただけます。どうぞお参りください。

日時 2019年9月5日(水) 10時~11時30分ごろ
法要の内容 ① 勤行(約40分)
② 法話(約40分)
2019年の講師 尼子 玄章 氏(宮崎県都城市)
サイト表示 : スマートフォン版パソコン版