法要・イベント / 報恩講のご案内

報恩講のご案内

報恩講のご案内

今年も、浄土真宗の宗祖・親鸞聖人の祥月命日の法要である『報恩講』を下記の通り執り行います。
親鸞聖人は1263年1月16日に90歳でご往生されました。親鸞聖人が浄土真宗のみ教えをあきらかにしてくださらなければ、私たちがその教えに出遇うことはできませんでした。
浄土真宗で最も大切な法要ですので、ぜひお参りください。
なお、15・16日はインターネットによるライブ配信を行います。ぜひご視聴ください。

日時 2020年12月12日~16日
※今年度より日程が変更となっております。
法要日程
12日 [あさ] 10時00分
13日 [あさ] 10時00分 [昼] 14時00分
14日 [あさ] 10時00分 [昼] 14時00分
15日 [あさ] 10時00分 [昼] 14時00分 [夜] 18時30分
16日 [あさ] 10時00分(御満座)

※毎朝6時30分から晨朝勤行を行っております。どうぞこちらもご参拝ください。

法要の内容 ① 勤行(約30分)
② 法話(約30分)
全国各地から、仏教のお話を専門にされる僧侶を講師にお招きします
2020年の講師 [12~13日] 北塔 晃陞 氏(北海道旭川市)
[14~16日] 小林 顯英 氏(大阪府大阪市)

報恩講の見どころ

御絵伝
○ 御絵伝

親鸞聖人のご生涯を絵であらわした掛け軸「御絵伝」を、報恩講のときのみ本堂・右余間(たたみの間)におかけします。
毎日昼休み時間帯に御絵伝の解説を行なっております。ぜひお立ち寄りください。

御伝鈔の拝読【15日】
○ 御伝鈔の拝読【15日】

親鸞聖人のご生涯を文字にした御伝鈔は、御絵伝に描かれたご生涯を文字で味わうことができます。上巻・下巻に分かれていますので、時間をわけて拝読します。
上巻:15日 16時ごろ(約30分)
下巻:15日 18時半ごろ(約30分)

報恩講子ども作品展
○ 報恩講子ども作品展

報恩講期間中、12月20日に開催される「子ども報恩講」に向けて、絵や書道など、子どもたちの力作が展示されています。どうぞご覧ください。

インターネットライブ配信
○ インターネットライブ配信(15日・16日)

今年は新型コロナウイルス感染拡大のため、報恩講へご参拝ができない方のためにYouTubeによるライブ配信を行います。詳細は左の画像をクリックしてください。
下記は配信する本願寺鹿児島別院のYouTubeチャンネルとなります。
https://www.youtube.com/channel/UCREHdTn7qUItgcwEJOUIctQ

※今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため「お斎(精進料理)」「バザー、キャピック展」「御堂コンサート」は中止となります。

サイト表示 : スマートフォン版パソコン版