県内寺院の紹介 / 鹿児島別院 東俣出張所

鹿児島別院  東俣出張所

東俣出張所
所在地〒891-1102 鹿児島市東俣町3761
電話番号099-298-7424
FAX番号099-298-7427
内勤時間内勤とは、お寺で仏事(祥月命日、月命日、中陰法要、年忌法要など)を勤めることです。朝8時が合同でのお勤めとなります。個別で勤めたい方は事前予約が必要となります。また、外勤(ご自宅での仏事)も事前予約が必要となります。※火曜日はお休みです
駐車場あり
設備について
  • 多目的トイレ
  • バリアフリー
  • エレベーター
  • ベビールーム

東俣出張所からのお知らせ

秋季彼岸会について
 県独自の緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置の延長を受けまして、
 20日から予定しておりました
秋のお彼岸の法要は中止となります。
 なお、緊急事態宣言中も朝8時のお勤め、お寺やご自宅での年忌法要のお参りは通常通り対応(感染対策を取りながら)しておりますので、ご命日等の方はどうぞお参りください。


◎常例法座
 毎月1日 午前10時より本堂にて行っております。(約1時間)
 お勤めをし、布教使の先生のご法話(浄土真宗のみ教えや仏さまのお心に関するお話)を聴聞
 いたします。事前の申込み等は必要ありません。どなたでもお気軽にお参りください。
 
 御講師: 10月 菅  知尚 先生(広島県 竹原市)
      11月 深水 健司 先生(愛媛県 上島町)
      12月・1月はお休みとなります。



※法要、行事等のご報告
東俣幼稚園園児田植え体験(R3,6,17)
寺役員Tさんがご協力くださいました。3年連続とのことで、子どもたちもコツを掴んだようです。


 


当出張所の担当する地域には、花尾の隠れ念仏洞(お寺から車で6分ほど)があり、毎年、全国各地から様々な方々が参拝に来られます。そしてその際は地元のご門徒や寺役員の方、仏教婦人会の方々が対応してくださいます。

東俣出張所の年間行事

1月令和3年 済7月令和3年 済
2月令和3年 済8月令和3年 済
3月令和3年 済9月グラウンドゴルフ大会:中止
秋季彼岸会:中止
4月令和3年 済
10月
5月令和3年 済11月秋季永代経法要:6日(土)午前10時
6月令和3年 済12月宗祖報恩講:4日(土)午前10時
除夜会:31日(金)午後11時半※引き続き元旦会

東俣出張所の沿革

1946(昭和21年) 別院・地元のご門徒により東俣出張所設立。(7月3日)初代主任、農坂勝
           真が赴任・総代、福元伊助。

1948(昭和23)年 庫裏が建築(2月)

1949(昭和24)年 内陣が増築整備され、志布志市松山町にある東隅組心光寺より、ご本尊を迎
           えられた。

1956(昭和31)年 戦後の和光幼稚園園舎を移築し、東俣幼稚園を開園。

1963(昭和38)年 宮脇地区にある花尾隠れ念仏洞が直轄となる。

1966(昭和41)年 大谷光真ご門主(当寺は新門さま)ご臨席のもと全国仏教青年会が開催。

1974(昭和49)年 本堂再建着工(7月)本堂完成(11月)

1975(昭和50)年 落成慶讃法要厳修。(3月)

1984(昭和59)年 鉄筋2階建ての東俣幼稚園園舎並びに庫裏が完成。(3月)

1986(昭和61)年 親鸞聖人像が境内に建立され、慶讃法要を厳修。(12月)

1989(平成元)年  さつま開教110周年の顕彰碑建立。その際に宮脇公民館にて「本如上人第1          9代門主」と裏書きのある隠れ念仏時代のご本尊が発見される。修復後、
          東俣出張所に保管。

1995(平成7)年   出張所開設50周年・本堂建築20周年慶讃法要を厳修。(7月15日)

2006(平成18)年 出張所開設60周年・本堂建築30周年慶讃法要を厳修。(11月12日)

2010(平成22)年 親鸞聖人750回大遠忌法要を厳修。(11月17日)
2013(平成25)年 仏教壮年会が創立10周年を記念して鐘楼台を会員で製作。
2016(平成28)年 出張所開設70周年・本堂建築40周年慶讃法要を厳修。(11月5日)
          テーマ「響け念仏の声 ひろまれ安穏の心 東俣出張所再建に向けて」

サイト表示 : スマートフォン版パソコン版