法話を聞く・読む / 今月の法話 バックナンバー(No.390)

今月の法話  バックナンバー(No.390)

令和2年10月 No.390
思い通りにならないのが人生

 昨年暮れから徐々に話題になっていったコロナウイルスですが、今年に入ってからは全世界的に大騒ぎになっています。まだコロナウイルスの実態がはっきりしていないものですから、十分に注意を払って感染しないように、三密を避けるようにと呼びかけられました。

 コロナウイルスの対策によって、生活が一変してしまったような気がします。大規模なイベントが開けなくなって、様々なことがあった東京オリンピックも、やっと開催の年になって、いよいよという時に一年延期になりました。チケットが当たって心待ちにしていた人もたくさんいたと思います。ところがそれが全てできなくなってしまいました。その他にも旅行を予定していた人、新学期を迎える人、会社が決まった人、結婚式をしようとしていた人、海外留学をしようとしていた人、みんな予定が狂ったのではないでしょうか。目に見えない、ほんの小さなウイルスが社会を全く変えてしまいました。それは私が考えていた将来設計も見事に変えてしまいました。

 今年の状況を特別なことだと考える人もいるかもしれませんが、私たちの人生は普段から思い通りになっていないのではありませんか。「こんなはずではなかった」と嘆くことも多々あります。そのことをお釈迦さまは「苦」とおっしゃり、その「苦」から解放されようと説いてくださったのが仏法です。そして、私たちは親鸞聖人のお示しで阿弥陀さまにおまかせする人生を聞かせていただきました。今月のカレンダーの言葉を聞いて仏法に出遇うご縁になればいいですね。

大阪府枚方市 浄行寺 義本 弘導

サイト表示 : スマートフォン版パソコン版