法話を聞く・読む / 今月の法話 バックナンバー(No.385)

今月の法話  バックナンバー(No.385)

令和2年5月 No.385
見ているよ 知っているよと 仏さま

 お念仏は阿弥陀さまが私たちにご一緒くださるです。親鸞聖人は「十方微塵世界の念仏のをみそなはし 摂取してすてざれば 阿弥陀となづけたてまつる」と、阿弥陀さまは、まるで母親が我が子をしっかり胸に抱いて離さないように、お念仏となって「見ているよ 知っているよ」といつでもどこでも誰にでも常にご一緒くださることを教えてくださいました。

年暮の新聞にこんな歌を見つけました。

「日傘忘れ戻りし病室 父ひとり嗚咽するを見る まだ夏だった」

 父親の見舞いに行き、しばしの会話をします。いつもと変わらずに見えて「元気そうでよかった。じゃあ、また来るからね」そう言うと「おう、またな」と力強い返事。安心して病室を後にしてから気づきます。「しまった、日傘忘れた…」そして、病室に取りに戻った時のことでした。なんと元気そうに見えた父が、病室のベッドの上でたった独り、声をつまらせて泣いているではありませんか。涙を見せたことのないあの父が…あれはまだ暑い夏の日のことでありました。

 私たちの心は状況によってコロコロと変わります。健康で元気で人生がうまく運んでいる時とは全く違います。その思いは時に誰にも語れず、たとえ家族や友人であっても心の内を全て知ってもらうことも、ずっと側に居てもらうこともかないません。

 しかし、そのどうしようもない揺れ動く孤独の心の真っ只中にこそ、阿弥陀さまは涙して「見ているよ、知っているよ、そのままのあなたが目当てですよ」と、いつでも(今)どこでも(ここ)誰にでも(私)ずっとご一緒くださるのでした。それを私たちは一声一声のお念仏に知らされるのです。

 まもなく降誕会。親鸞さまようこそこの娑婆にお出ましくださって、阿弥陀さまという親さまを教えてくださいました。有難うございましたとお勤め致します。

大分県大分市 妙蓮寺 蓮谷 啓介

サイト表示 : スマートフォン版パソコン版